Loading...

2009年01月14日

ヤフーの画像はなぜyimg.jpドメインなのか? サイト高速化の手法とヤフーの失敗例

今日のテーマは「Webサイトのパフォーマンス」。より良い状態で訪問者をもてなすためにも、パフォーマンスは重要ですね。最近、Web担でも大幅なパフォーマンス向上をしました。あと、Yahoo! JAPANがやっている「あれれ」という失敗も少し紹介しましょう。

2009-01-14 14:14追記

本文中でHTTP同時接続数の制限推奨に関する対象を「ドメイン名」としていましたが、RFCでは「サーバー」と示されていますので、修正しました(cubed-lさん、ご指摘ありがとうございます)。同時2接続に制限するべきだとされているのは同一サーバーに対する同時接続数なので、その点だけでいえばサブドメイン名を変えればいいのだが、さらにクッキーの影響を避けるためにpay-levelドメイン名(独自ドメイン名部分)を変えるのが有効だということです。

あと、ryownetさんの

「ずっとWeb担にログインして使っている方、いちどログアウトしてみると早く感じるかもしれません」ロイヤルユーザにページ8秒というストレスをかけ、一見さんに優しい(0.1秒)web担。それでいいのか。

すいません、本当はPHP op code cacheとかDBサーバーの高速化とかして快適にするのが筋なのですが、社内のシステム的な都合でこういう対症療法になっています。現状のWeb担では 99.4%の閲覧が非ログイン状態のため(ユーザーログインするのはコメント投稿やユーザー投稿のため以外にはほとんど意味がないからでしょう)、このシステムを導入した次第です。ユーザー投稿のためにログインしてくださる方には、お手数をおかけして申し訳ありません。

グーグルはページの反応が0.5秒遅くなるとアクセス数が20%減るといい、アマゾンはページの反応が0.1秒遅くなると売り上げが1%減るというくらい、Webサイトが表示される速度は重要なものです。

Web担はもともとサイトが遅いので困ったものだったのですが、2008年秋にシステムを入れ替えたおかげで、かなりの高速化を果たせました。具体的には、CMSで動的に生成しているページ全体を静的なHTMLファイルとしてサーバー側にキャッシュしておく仕組みを12月から導入できたのです。

この仕組みで、たとえばトップページはHTMLを生成してブラウザに送り返すまでの時間が、以前は8秒〜10秒程度かかっていましたが0.1秒程度になりました(ただしWeb担のサイトに登録ユーザーとしてログインしているとこのキャッシュは効きません)。

さて、HTMLの生成自体は早くなったのですが、それでもやはりWeb担の表示が重いと感じるときがあります。その原因は、広告配信やアクセス解析などの外部JavaScriptや、画像パーツです。外部サーバーのファイルを呼び出している部分はすぐには改善できないのですが、それでもパフォーマンスを改善できることはないかといろいろ手を加えてみました。
『ハイパフォーマンスWebサイト』表紙画像

オライリーの『ハイパフォーマンスWebサイト――高速サイトを実現する14のルール』という書籍をご存じでしょうか。これまでサーバー側の話ばかりになりがちだった「Webサイトのパフォーマンス」を、Webサイトとブラウザの間でのやりとりや、データを受け取ってからのブラウザの挙動、さらにはユーザーの体感まで含めて論ずることで、「快適なサイトを提供するには」のノウハウを解説している、Web担当者必読の書です。少し技術的な解説が多いので難しいのですが、米ヤフーのチームが実践している、「このサイト遅い」とユーザーが感じないようにするためのテクニックが14個のルールに沿って網羅されています。

* 書籍『ハイパフォーマンスWebサイト――高速サイトを実現する14のルール』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/487311361X/webtan-22?ref=nosim (書籍ページ)

また、これらのルールを実際のサイトでチェックする「YSlow」という、Firefoxのアドオンもあります(こちらは英語のみ)。

* パフォーマンスチェックツール「YSlow」
http://developer.yahoo.com/yslow/ (YSlow)

さらに、米ヤフーは、書籍で紹介している14のルールに加えて、さらに「20のルール」を発表しています。

* Yahoo!パフォーマンスチーム、最新高速化ルール20を発表
http://journal.mycom.co.jp/news/2008/03/27/016/

Web担でもこういった情報を参考に、いくつかの高速化を施しています。たとえば、CSSのパーツ画像などのCSSスプライト化です。「CSSスプライト化」とは、ページで利用している複数の画像を1つの画像ファイルにまとめてCSSでずらして表示することで、サーバーとブラウザの間でのやりとりの回数を減らす手法です。たとえば、右サイドバーの連載一覧の画像は、実は1つの画像にまとめられています。

* CSSスプライトのわかりやすい解説(DesignWalkerさん)
http://www.designwalker.com/2008/02/css-sprite.html
* Web担の連載一覧の画像(例)
http://web-tan.forum.impressrd.jp/files/images/nakanohito/20090113_rensai_list_sprite_sample.jpg

「Web担、表示が重いですよね」というお声を以前からいただいていますが、少しずつ改善しています。もしずっとWeb担にログインして使っている方、いちどログアウトしてみると早く感じるかもしれません(コメントとかするときはログインしておくほうがいいですが)。
◇◇◇

さて、前述の「サイト高速化の20のルール」で、次のような項目があります。これを少し解説してみましょう。

* ドメインをまたがってコンテンツを分離
* コンポーネントに対してクッキーフリードメインを使う

ヤフーでは、ページはyahoo.comやyahoo.co.jpのドメイン名に置いてありますが、画像ファイルはyimg.comやyimg.jpのドメイン名に置いてあります。これはなぜでしょうか?

それは、複数のドメイン名を使ったほうが、ブラウザが平行してデータをダウンロードできるからというのが1つの理由です。Webサーバーとブラウザの間の通信のルールで、1つのドメイン名同じサーバーに対する持続的な接続は同時に2つまでにすることが望ましいとされているのです。

もう1つの理由は不必要なクッキーによる通信量の増加を避けるためです。

訪問者の状態をユーザーのブラウザに保存しておくクッキーは重要な技術ですが、ブラウザはサーバーとやりとりをするたびに手元に保存してあるクッキーのデータをWebサーバーに送ります。送られたクッキーの情報をサーバー側で利用しない場合は、クッキーのやりとりをしないほうがパフォーマンスは良くなります。

そこで、そもそもクッキーを必要としない画像を担当するサーバーはドメイン名を別にすることでクッキーのやりとりをなくしているのです。クッキーはフォルダ名でも対象を指定できますが、多くの場合はサイト全体で利用するためにドメイン名全体に対してクッキーを指定しています。ですから、ブラウザがクッキーを送らなくするには、ドメイン名を分けるのが最善なのです。実際に、米Yahoo!が画像用に利用しているyimg.comではクッキーを利用していません。

しかし! 私のブラウザでは日本のYahoo! JAPANが画像用に利用しているyimg.jpドメイン名のクッキーが有効期限2037年として保存されています。
yimgのクッキー画像

以前に調べていたときに、yimg.jpドメイン名に置かれたJavaScriptがクッキーを送っているのを確認しています。今はもうクッキーをはき出すJavaScriptは置かれていないようですが、以前に保存されたクッキーがあるため、私のブラウザからはyimg.jpへのアクセスに毎回クッキーを送信しています。

このクッキー自体は35バイト程度ですが、1日10億PVあるヤフーならば、各ページにyimg.jpドメイン名の画像が仮に6つ使われていたとして、合計で1日200Gバイトほど、余分にデータを受信処理していることになります。Yahoo! JAPANさん、いちどyimg.jpドメイン名のクッキーを全部削除するようにしたほうがいいかもしれませんよ!

催眠療法
posted by yagoo at 17:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
BBS7.COM
MENURNDNEXT