Loading...

2008年01月18日

Google、『iGoogle』のテーマ作成用 API を公開

シンプルな検索ページで有名だった Google も、ずいぶんと様変わりした。たしかに、デフォルトの検索ページのデザインは相変わらず質実剛健だが、同社のパーソナライズ化ホームページ『iGoogle』の見た目は、かなり華やかになってきている。

Google は16日、iGoogle の視覚面を拡張する『iGoogle Themes API』を発表した。開発者は同 API を使い、独自の iGoogle ページのテーマ (背景画像など) を開発することができる。

昨年3月の iGoogle サービス開始の時点で、利用可能なテーマの数はわずかだったが、現在は『Google Gadgets』のディレクトリと同じ画面にテーマ用のディレクトリがあり、ユーザーが作成したテーマをアップロードすることで、ユーザー間の共有が可能になっている。

ユーザー作成テーマの共有開始に合わせ、Google は4人のデザイナによる個性にあふれた4種類のカスタムテーマを公開した。

Google の上級製品マネージャ Jessica Ewing 氏は次のように語った。「テーマの作成は非常に簡単だ。画像を指し示す単一の XML ファイルに過ぎない。また現在の時間と地理的な位置に応じた動的なテーマにも対応している。ユーザー作成テーマは、iGoogle のユーザーが自分のページに対して、より親密な結びつきを得るのに役立つ。部分的にはわれわれの側でできることもあるが、すべてのユーザーの芸術的な希望を当社だけで完全に網羅することはできない」

Ewing 氏によれば、現在全世界で約数千万人が iGoogle を利用しているという。ユーザーがテーマを作成するにあたり、iGoogle のロゴを必ず入れなければならないなど、変更できない要素もあるが、Ewing 氏は公正使用に配慮しつつ、それ以外はテーマのディレクトリ登録承認の際、デザインに修正を求めることはしないと語った。

また Google Gadgets と同様に、ユーザーが開発者について知ることができるよう、テーマのディレクトリにも開発者のプロフィールページを用意するという。

詳細はこちら
ラベル:iGoogle google
posted by yagoo at 12:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
BBS7.COM
MENURNDNEXT