Loading...

2008年01月18日

米Yahoo!が「OpenID」サポート

ウェブのサービスに会員登録するたびに発行されるIDとパスワードは、管理するだけでも一苦労。この手間を軽減するために生まれた「OpenID」は、その名のとおり、ひとつのIDでさまざまなサービスを利用することができるベンリなサービスだ。米Yahoo!は、OpenIDによるアカウント管理システムを導入し、世界2億4800万人のYahoo!ユーザーが利用できるようにすると発表。1月30日からベータ版のサービスを開始する。

詳細はこちら

Yahoo!のOpenIDサポートによって、ユーザーがOpenID 対応サイトで、ログイン時に「yahoo.com」と入力すると、Yahoo! IDとパスワードでの認証が行われる。OpenID対応サイトが増えれば、Yahoo! IDとパスワードだけで利用できるサイトが増えていくことになる。日本でもLivedoorやはてななどが、OpenID対応を開始している。

 OpenIDは、2007年に設立されたOpenID Foundationが中心となって普及活動を展開。現在、1万サイト、1億6000万以上のURLで利用可能となっている。これまでは、いかに会員数を増やすかがサイト運営者の課題だったが、OpenIDは会員数よりもサイトを訪れ、利用する人の数を増やすのに大きな威力を発揮する。日本では、まだ一部のサービスでしか利用できないが、今回のYahoo!のサポート表明によって、利用者がさらに増えていきそうだ。

詳細はこちら
ラベル:Yahoo
posted by yagoo at 19:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
BBS7.COM
MENURNDNEXT