Loading...

2007年07月18日

口コミの効果・・・

バズマーケティングは企業とブロガーのコラボレーションを促進するサービス「コラブロ」を開始した。コラブロは、ブログの記事内容を分析してブロガーの“履歴書”を作成する機能と、企業からの広告を配信するブログパーツ機能を提供する。

詳細はこちら

ブログの分析サービスでは、独自の手法を用いて、ブログ内で取り上げられた回数が多いカテゴリなどをグラフ表示することができる。

 例えば、映画に関する話題を多く扱っているブログであれば、「映画」というカテゴリがブログ全体に占める割合や登場回数が表示されるなど、過去のエントリー内容に応じたブログの“成分分析”が可能なサービスだ。分析できるカテゴリは83に上る。

今、流行ってきている、buzzが今後どのような効果をもたらすか効果
測定もしっかりやっていかなきゃですね。

詳細はこちら
posted by yagoo at 20:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

ケータイショッピング

モバイルショッピング=携帯電話でのオンラインショッピングの利用経験者を見てみよう。すべての回答者に対して「モバイルショッピング(携帯電話を利用したインターネットショッピング)をしたことがありますか」との質問を行った。

「よく利用する」との回答は7.29%(76人)。「ときどき購入する」16.11%(168人)との合計は23.40%となり、4人に1人程度がモバイルショッピングユーザーと見ることができるだろう。

「購入したことはある程度」は25.12%(262人)であり、モバイルショッピングユーザーとの合計48.52%、全体の約半数がモバイルショッピングの経験者だ。

詳細はこちら

次にどのようなものが購入されているのかを見てみよう。モバイルショッピングの経験者506人に「モバイルショッピングで、どのようなものを購入しますか」との質問を行った。

最も回答を集めたのは「本・漫画・雑誌」で40.91%(207人)、価格も大きさも手軽な書籍に人気が集まっているようだ。それに次いだのは「ファッション・服飾品」で37.75%(191人)、3位は「CD・DVD・ビデオ」で33.20%(168人)であった。

ユーザーがモバイルショッピングサイトをどうやって見つけているのかを見たい。同じく経験者506人に「購入先のサイトはどのようにして見つけましたか」との質問を行った。

最も回答が多かったのは「PC で利用しているサイトのモバイル版」で80.83%(409人)にも上っている。それに次いだのは「検索・バナー(モバイル)」だが、ぐっと下がって13.44%(68人)であった。

一方、PC の検索・バナーでモバイルショッピングサイトを見つけたとの回答は、9.49%(48人)であった。

詳細はこちら
posted by yagoo at 20:28| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

続きはWEBで・・・

CM において「続きは Web で」というフレーズを耳にすることが多いが、テレビで見た企業やブランドの情報をもっと詳しく知りたいと考えたとき、多くのユーザーが次に起こす行動は「Web 検索」である。

ここでポイントとなるのは、企業サイトへ辿り着く過程で「Web 検索」を利用しているために、ユーザーは“企業の公式 Web サイト”よりも前に、“企業名・ブランド名での検索結果”に接触していることだ。

このような背景のもと、企業は企業名やブランド名で検索をしたときに、どのような検索結果になっているかをきちんと把握しておく必要があると言えるだろう。さらに、以下のような Web や検索を取り巻く環境の変化により、この必要性はますます高まっていると考えられる。

詳細はこちら
posted by yagoo at 19:19| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

お勧めブログ解析!

クチコミマーケティング支援サービスを提供しているサイバー・バズは、ブログ閲覧件数や他サイトからのリンク数などを組み合わせた独自指標により、ブログのインフルエンス力(影響力)を計測・分析することができるサービス「BlogScouter(ブログスカウター)」を7月6日から開始した。

詳細はこちら

 インフルエンス力の指標となるのは、ブログ閲覧件数や、訪問者数、他サイトからのリンク数、更新頻度などに加えて、数値化することが難しい記事内容や画像の質など定性的な部分も含めた15項目。これを100段階で表示する。

 「BlogScouter」の専用サイトで登録したブロガーには、個別にタグが発行され、そのタグを会員が自身のブログに貼り付けると「BlogScouter」値が表示され、この値は毎日更新される。会員は、「BlogScouter」値の内訳をマイページで確認することも可能となっている
posted by yagoo at 21:10| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

Yahoo!JAPANのリニューアル


ヤフーは、2007年7月5日、同社が提供するポータルサイト「Yahoo! JAPAN」のトップページ変更に関する記者向けの説明会を行った。

詳細はこちら

ヤフーは、6月15日に「Yahoo! JAPAN パートナーカンファレンス」を行い、ニュースなどのコンテンツを提供するパートナー各社に、「3つの方針」を発表している。3つの方針とは「ソーシャルメディア化」、「エブリウェア化」、「オープン化」。

利用者参加型コンテンツの充実や、多彩な機器からのアクセスへの対応、パートナーサイトへのリンクや Yahoo! JAPAN ID の開放などを目指すという。

これらの方針を実現するため、Yahoo! JAPAN はトップページのリニューアルを行う。

デザインは、先にリニューアルを行っている米国 Yahoo! に倣った形で、左上に「Yahoo! JAPAN」のロゴ、その隣には従来の約140%大の検索窓が設置される。

左側には Yahoo! JAPAN が提供するコンテンツが並ぶ「コンテントボックス」を設置。中央上段は、現状では右側に配置されているトピックス枠が大きく配置される。

トピックス枠は現在、すべてのジャンルの中から数本がピックアップされて表示されているが、新しいトピックス枠はそれに加えて、タブによるジャンル切り替えを採用。「経済」「エンタメ」「スポーツ」などのジャンルの各トピックスを参照できる。また、写真記事も同じ枠で掲載される。

トピックス枠の下には「スポットライト」枠を設置する。この枠では、時節や流行、ユーザーの生活リズムに合わせたテーマを切り口に、情報をピックアップして紹介する。Yahoo! JAPAN 内の情報だけではなく、ネットワークパートナーのサイトに直接遷移させることなども検討しているという。

下段には「みんなで作る Yahoo! JAPAN」として、Yahoo! ムービーのユーザーレビューランキングや、Yahoo! ビデオキャストの人気ビデオなど、CGM 系のコンテンツを表示させる。

右側の広告枠、個人ツールの位置に変更はないが、広告枠は拡大される予定で、個人ツールの「パーソナルボックス」はカレンダーが追加されるなどの強化が加えられる。

また右側には「地域枠」が追加され、地域を設定することにより、イベント情報やグルメスポット、テレビ番組などが表示される。将来的には地図表示も可能になる予定だ。

新トップページは7月10日まで配信対象者の範囲を限定したα版(ライブテスト)が行われ、配信対象者にアンケートが実施される。秋ころを目処とし、2007年内には希望者が現行のトップページを新トップページに切り替えられるβ版が提供される予定。

正式版の一般公開は2008年年明けの予定。しばらく旧トップページにスイッチバックできるようにするかどうかは未定であるという。

詳細はこちら
posted by yagoo at 15:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

Yahoo!新広告配信システム

Yahoo! は2日、特許出願中の新しい広告配信プラットフォーム『Yahoo! SmartAds』を発表した。

詳細はこちら

マーケティング担当者が、消費者と最も関心を持たれている製品やサービスとを、より適切に結びつけるられるように支援するという。SmartAds は、行動、属性、地域に基づく同社の優れたターゲティング機能を活用する。


たとえば、『Yahoo! Weather』のデフォルト地域をサンフランシスコに設定したユーザーが、『Yahoo! Autos』でハイブリッドカーについて閲覧中だとする。SmartAds では、大手自動車メーカーのハイブリッドカー、地域の自動車ディーラー、現在の自動車ローン金利といった情報を組み合わせてリアルタイムにディスプレイ広告を作成し配信できる。

Yahoo! (NASDAQ:YHOO) によると、SmartAds は、適切な体験をユーザーに提供する一方で、顧客になってくれる可能性がより高いユーザーにマーケティング担当者が到達できるようにするという。

さらに、Yahoo! と広告主および広告代理店が協力することにより、SmartAds はさらに役立つものになると、Yahoo! は述べる。たとえば、広告主および広告代理店が広告の部品一式をデザインし、それらの広告部品とテキスト情報データベースへのアクセスを Yahoo! に提供すれば、SmartAds が各要素を組み合わせ、数千種まではいかないにしても数百種の固有の広告を自動的に生成できるようになる。

これは広告主や広告代理店にとっては、狙いどおりのブランド提示を損なうことなく、Yahoo! のオーディエンス ターゲティング機能のすべてが最大限に活用できるようになるということを意味する。

Yahoo! は、SmartAds プラットフォームを段階的に展開すると述べた。まずは、同社が所有および運営するサイト上で、米国の旅行業界の広告主が利用できるようにする。その後の数か月で関連の業界向けに拡大し、やがては同社のより幅広いサイト群に SmartAds 広告を配信する計画だ。
詳細はこちら
posted by yagoo at 12:01| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

mixi検索

大人気のmixiですが。サイト内検索また、ウェブ検索を変更しました。
詳細はこちら

ミクシィは7月2日、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「mixi」内の検索機能をgooから自社開発の検索エンジンに切り替えた。
今回の検索エンジン移行により、mixi内における日記やコミュニティの検索機能はすべて自社開発の検索エンジンによって提供される。

この検索エンジンは「文字 N-gram」をいう手法を用いたもので、従来の検索エンジンに比べて検索漏れが少ないという。mixiの日記には、辞書に掲載されていない文字が見られたり、文字がきちんと並んでいなかったりする。こういった場合に効率よく検索できる技術として文字 N-gramによる検索エンジンを導入したという。


今までもmixiではコミュニティー欄のカテゴリーページにオーバーチュアのコンテンツ連動型広告が
掲載されていたが、今後は「コミュニティ検索」「日記検索」「トピック検索」、「Web検索」のスポンサード
サーチが掲載される。

mixiはサービス開始から3年3ヶ月でユーザー数が1,000万人を突破したが、今後更に便利に
なることでユーザー数が増加すると共に、ユーザー満足度も高まるだろう。
詳細はこちら

posted by yagoo at 20:38| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

オーバーチュア新広告表示順位

オーバーチュアの新広告システム[Panama]の導入が始まりましたね。

既に導入済みの企業もいらっしゃるのでは?
詳細はこちら

オーバーチュアは、2007年7月9日の週に、広告の掲載順位決定方式を変更する方針であることを明らかににした。この変更によって、広告の掲載順位が、現在の入札価格に完全に依存するものから、入札価格と広告の品質をベースに決定されるようになり、広告としての品質が高い広告が、より上位に掲載されるようになる。

 新しい指標となる「広告の品質」は、広告ごとに付与される品質インデックスにより、その目安を知ることができる。品質インデックスは、表示された広告のクリック率やその他関連要素によって計算される。

 今回の変更によって従来の方式と異なるのは次の2つ。入札価格でピンポイントに掲載順位を指定することができなくなる点。もうひとつは、クリック料金の計算方法が今までと異なり、入札価格に品質を考慮して計算されるようになる点だ。ただし、設定している入札価格を超えてクリック料金が発生することはないという。この機能が導入されると、設定している入札価格そのものがクリック料金になる可能性もあるため、オーバーチュアは現在設定されている入札価格が適正かどうか、この機能の導入前に必ず確認するよう呼びかけている。

posted by yagoo at 17:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニフティの新広告企画

最近、ヤフーを始め広告商品の行動ターゲティングが進んでおりますが
大手ポータルでも同様の企画が発表され始めております。

詳細はこちら

ニフティとロカリサーチは6月27日、高精度なターゲティングを実現する新たなバイラル広告商品「BuzzConnect(バズコネクト)」を共同で企画・開発したことを発表。7月2日から販売を開始する。

 「BuzzConnect」は、ニフティが2006年4月から提供しているブログ評判分析サービス「BuzzPulse(バズパルス)」のインフルエンサーを抽出する技術と、ロカリサーチがもつシーディング(種まき)のノウハウから生まれたもの。クチコミ対象をセグメント化した上でシーディングを実施するため、従来のバイラル広告に比べて、より高精度なターゲティングを実現し、高いプロモーション効果を上げることが可能としている。また、詳細なトラッキングレポートとクチコミの分析レポート機能も備えている。

 「BuzzConnect」の基本料金は200万円からとなっており、最低保証する視聴回数に応じて課金される。また、トラッキング、レポーティング費用は別途となる。

posted by yagoo at 16:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

Yahooの行動ターゲティング

行動ターゲティングの話は以前もちょろっとしましたが、ヤフーが
更に細分化を進めているようです。

詳細はこちら

行動ターゲティング広告のサービスを拡充し、7月から「行動履歴×属性情報(年齢・性別)」「行動履歴×地域情報」によるターゲティング広告「デモグラフィック行動ターゲティング」「エリア行動ターゲティング」の配信を開始すると発表した。

ヤフーは、これまでにも、属性情報(年齢・性別)に基づく属性別広告配信(デモグラフィックターゲティング広告)や地域情報(郵便番号・アクセス元 IP アドレス)に基づく地域別広告配信(エリアターゲティング広告)、利用者の行動履歴に基づく興味・関心別広告配信(行動ターゲティング広告)を展開してきた。

今回の新商品は、今までのデモグラフィックターゲティング、エリアターゲティングに行動ターゲティングを掛け合わせたもので、例えば「美容コスメに関心のある20代女性」や「新築マンション購入意欲のある大阪在住者」のように広告配信のターゲットを詳細に設定できる。

「デモグラフィック行動ターゲティング」広告は、年齢・性別と行動を掛け合わせてターゲティングする。設定条件においては、「行動」を約750〜800程度の興味・関心別のカテゴリから選択、「年齢」を13歳〜65歳以上の間で幅を、「性別」を男女で設定する。

「エリア行動ターゲティング」は、地域情報と行動を掛け合わせる。設定条件においては、「行動」を約750〜800程度の興味・関心別のカテゴリから選択、「エリア」を47都道府県または特定78エリアから指定する。

ヤフーはオープン化戦略の一環として、2007年4月から AD ネットワークを通じ、パートナーメディアへの行動ターゲティング広告の配信も行っているが、今後はこれをさらに拡大するとともに、パートナーメディアとの共同商品開発にも取り組むとしている。

適用広告スペースについても、現在はパソコン向けのバナー広告のみであるが、今後はテキスト広告や動画によるインターネット CM などのスペースへの適用、モバイル広告への展開なども検討していくという。

詳細はこちら
posted by yagoo at 14:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

Yahoo vs Google

検索エンジン書市場で火花を散らす2社!!
詳細はこちら

ネットレイティングス株式会社は、2007年5月度のインターネット利用動向に関する結果をまとめた。それによると、企業別集計における家庭からの月間利用者数でYahoo! Japanが初めて4,000万人の大台を突破していたことがわかった。Yahoo! Japanはネットレイティングスがインターネット視聴率データの提供を開始した2000年4月以来85ヵ月連続で利用者数、ページビュー数ともに第1位を堅持している。インターネット視聴者全体に占めるYahoo! Japanの利用者比率(=リーチ%)は88%に達し、ネットユーザーの約9割が月に1度はYahoo! Japanが運営するいずれかのWebサイトを利用していることになる。

 また、Yahoo! Japanの月間ページビューは家庭からの利用と職場からの利用の合算が318億ページビューを突破していることがわかった。このページビュー数はインターネット人口が日本の約3倍ある米国の企業別ページビュー数と比較しても突出している。同月における米国の企業別ページビュー数(家庭と職場からのアクセスの合算)のトップは米国Yahoo!の316億ページビュー、News Corp. Onlineの296億、Googleの212億、Microsoftの155億という順で続いており、Yahoo! Japanのページビュー数は世界第1位となっている。
posted by yagoo at 01:01| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

三越in secondlife

大手百貨店の三越がセカンドライフに出店だそうです!
詳細はこちら

三越は20日、インターネット上の3次元(3D)仮想空間「セカンドライフ」に出店すると発表した。「三越セカンドライフ店」の名称で、7月19日にオープンする。日本の百貨店の出店は、三越が初めて。セカンドライフは、新たなマーケティングや電子商取引の場として企業などから注目され、三越は「顧客との接点を増やし、楽しんでもらうことで、オンラインショップサイトや実際の店舗への誘導を図りたい」としている。

posted by yagoo at 23:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

Yahoo!検索エンジンAPI

Googleでは先行して始まっておりますが、ヤフーの日本語解析エンジンのAPIが公開されました。

詳細はこちら

機能としては同APIを使うと、解析対象の日本語文を形態素に分割し、品詞名や読み、基本形、形態素の総数、各形態素の出現回数を返す。対象の文章がどんな特徴的な単語で構成されているのかを把握でき、検索APIと組み合わせればブログの類似記事検索なども可能になるとしている。

 公開するエンジン「Web MA」はYahoo!JAPANの日本語処理技術部が、Yahoo!JAPANと共同開発。ブログ検索や商品検索など一部検索エンジンのテキスト処理や、ブログ検索の「評判検索」「まとめ検索」などのテキストマイニングにも使われていますね。

今まで、SEO対策のためにコンテンツの関連性向上に努めていたウェブ担当の方!是非おすすめです。
詳細はこちら

posted by yagoo at 14:04| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ログ解析で儲けよう!

皆さん、ログ解析されてますか?
ブログでもアクセス解析って機能ついてますが、何をゴールに設定と
されていますか?

詳細はこちら

企業・サイトによって特徴があり、そのゴールは異なってくるもの。
単純にコンバージョン(定義は様々ですが)が上がれば、良いとは
違うとかんがえます。

米国の調査で、正しく PDCA サイクルを計画・実行している企業の方が、思いついた時にだけ分析するような活用の仕方をする企業よりも、高い Web 解析 ROI を創出しているという結果が発表されている。

あともう一つ Web 解析で儲けるために必要なことを述べると、「訪問者の全てのアクションを金額(数値)に換算すべし」ということだ。施策を講じる際にも、その投資対効果を金額(数値)に換算して優先順位を決めることが肝要だ。

例えば、サポートサイトで、ある施策の効果を予測する際、ユーザーが Web でセルフ解決できる割合が30%(1,500人)から70%(3,500人)に向上するとする。1件あたり1,000円のコストだとすると、200万円/月のコスト削減につながる、といった具合だ。

少し難しく感じるかもしれないがロジカルに積み上げていけば計算はできる。こうして数値化してみると、今まで自分がどれほど損失を出していたかにも気づくだろう。
詳細はこちら
posted by yagoo at 11:54| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Yahooトップ交代!

先日、米ヤフーの株主のことを書きましたが、一転!経営陣交代だそうですね。。。

そしたら、株価がグーんっとアップ?するかと思いきや・・・
詳細はこちら

18日の株取引終了後に経営トップ交代を発表した Yahoo! (NASDAQ:YHOO) の株価は、19日の取引開始早々に上昇したが、その後値を戻した。新経営陣は失った市場シェアを取り戻せるのか、そして大型合併や大型提携につながる可能性はあるのか、そうした疑問を投資家たちが抱いた結果だ。

19日午前の取引開始時に高値を記録した Yahoo! 株だが、その後の値動きは終日守勢が続き、時間外取引における値上がり分が帳消しになった。さらには、経営陣交代発表の噂が流れ始めた18日株取引時間内の上昇分も、一部が相殺された。

Yahoo! の株価は、検索分野の競合相手 Google (NASDAQ:GOOG) が株式を公開した2004年8月から、あまり変化していない。Google の株価は公開以来、400%以上も上昇している。決算報告からも、同様の状況が見てとれる。Yahoo! のトラフィック獲得コスト (TAC) 差し引き後の売上は、2005年から2006年の間に68%増加したが、同じ期間の Google の売上増加率は371%だった。comScore の統計によれば、Google は現在、米国の検索市場シェアの半分近くを占めているが、Yahoo! のシェアは27%前後で停滞しているという。

アナリストは全般的に、かつて Yahoo! のトップを務めていた Jerry Yang 氏が CEO (最高経営責任者) として再び同社を率いることを、好意的に受け止めている。これは、Apple (NASDAQ:AAPL) の Steve Jobs 氏が CEO に復帰した事例や、Dell (NASDAQ:DELL) の Michael Dell 氏が CEO に復帰した事例で、それぞれ好結果をもたらしているためだ。だが、Yahoo! は強い逆風を受けているとの指摘もある。また、同社がグラフィック広告の低迷を理由に売上見通しで弱含んだことから、アナリストらによる売上予測も低いものになっている。ただし Yahoo! によれば、新しい検索連動広告プラットフォームは好調だという。

どうなることやら。。。
posted by yagoo at 11:39| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

youtube!

Google の子会社youtubeの日本語版が出ました!
待ちに待ったって感じですか!?
詳細はこちら
今まで、ただ検索するだけの人もいたのではないでしょうか?

動画共有サイトの YouTube は、2007年6月19日、米国外に向けたサービスの提供を開始、9か国に対応した。発表は、パリで開催の「Google Press Day」にて行われた。日本語サイトはhttp://jp.youtube.com/」でアクセスできる。

YouTube が対応したのは、日本、ブラジル、フランス、アイルランド、イタリア、オランダ、ポーランド、スペイン、英国の9か国。YouTube はこれらの9か国それぞれの国に合わせたサービスの提供を予定しており、今回はその第一歩となるという。

各国に合わせたサービス投入の第一歩として、サイトが各言語で利用できるようになったほか、トップページや検索機能もそれぞれの国に向けてカスタマイズされている。

将来的には動画、チャンネル、カテゴリー、コミュニティの中なども地域に合わせたものとなる予定。

9か国それぞれに合わせた YouTube サイトの提供により、各国のユーザーは自分の言語でつくった動画を共有したり、国内での動画のランキングを楽しんだり、同じ地域のユーザーとのコミュニケーションが楽しめる。

これまでどおり、世界のユーザーに自分の作品を紹介したり、他の国でつくられた作品を楽しむことも可能だ。

なお、今回の発表にあたり、BBC、France 24、Spanish Antena 3、Cuatro TV、the Portuguese RTP、the Dutch VPRO、NPO などの放送局や、 Chelsea FC、AC Milan、Barcelona FC、Real Madrid などのヨーロッパのサッカーチームやその他非営利団体など、数多くのコンテンツパートナーとの契約を結んでいるとの事。

だそうです。
タグ:YouTube Google
posted by yagoo at 11:25| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

ボーナスの使い道・・・

さーやって参りました!サラリーマンの皆様には待ちに待ったボーナス
です!

サーなに買おうかな〜とか夏休みは海外旅行でも!
なんて考えている人も多いんじゃないですか??

ってことですが、価格.comの調査によるとそうでもないらしい。。。
詳細はこちら

今回の夏のボーナスに対する調査結果から感じたのは、「消費者は意外とお金を使わない」ということである。もっとも購買力の強い30〜40代の購買意欲があまり高くないというのが印象的で、ボーナスの使い道でも「ローン・貯金」といった貯蓄系が大半を占めている(全体の約半数)。

特に、40代の購買意欲の低さ(12.2%)は顕著で、夏のボーナスではあまりお金を使わない傾向が現れた結果となっている。

景気がよくなってきて、一部の上場会社のボーナスはすごい
みたいですが意外と堅実なんでしょうか?
詳細はこちら
posted by yagoo at 22:10| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

SEO的アイトラッキング!

皆さん自分が検索した結果をどう見ていますか?
ユーザーのWebサイト閲覧時の視線を計測して検索サービス「Yahoo!検索」「Google」の利用状況を調べた。それによると、両サービスの検索結果ページで、著名Webサイトの直下に表示されているリンクのクリック率は低かったという。
詳細はこちら

検索結果ページのクリック率を調べたところ、著名サイトの直下に表示されているリンクは、クリックされる確率が低くなる傾向があった。アイレップとJMIは「検索の順位が上位であれば必ずクリック率が高くなるのではなく、上下に表示される競合サイトの存在もクリック率に影響を与える」とみる。

Yahoo!検索とGoogleの検索結果ページを比べると、Googleユーザーはタイトル文字の内容を見てクリックする場所を決めている傾向がYahoo!検索ユーザーより強いことが分かった。また、両社は「関連検索ワードのクリック率が比較的高いことは一般的にいわれていたが、今回のアイ・トラッキング調査の結果はそれを裏付けている」としている。

さらに、検索エンジン利用後に「見やすさ」「分かりやすさ」の観点で意識調査を行ったところ、「比較的Googleの検索結果が見やすく分かりやすい」という結果を得た。この理由について、両社は「Googleの検索結果画面がYahoo!検索と比較して、シンプルなページを構成していることが影響している」と分析する。

詳細はこちら
posted by yagoo at 20:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Yahoo総スカン!!

ヤフー本体の業績低迷で、株主から総スカン・・・

詳細はこちら

Yahooは、利益性の高い検索エンジンや広告市場で後発のGoogleに譲ったトップの座を奪還すべく苦戦を続けている。Yahooの株価が1年前から約10%値を下げたのに対し、Googleの方は約30%値を上げている。検索市場におけるYahooのシェアがわずか27%であるのに対し、Googleのそれは50%近い。第1四半期の純利益が2006年比で低下し、新しい検索広告プラットフォームの「Panama」がプラスに影響しないことが明らかになると、Yahooは株価を下げてしまった。

日本じゃ圧倒的なシェアを誇るヤフーですけど、本体がヤバイみたいですね・・・

せっかく新しい「Panama」も入れたのに、全然
株価上がらんかったみたいですね〜残念!!

posted by yagoo at 20:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

Yahoo!ブックマーク

本日、ヤフーの検索結果に変更がありました!!
どこが変わったかって・・・
検索結果に「ブックマーク・・・名」なる表示が!

何じゃこりゃ?と思いながら探していると。。
Yahoo Japan ブックマーク」なんて出てくるじゃん。

どうやら、ヤフーの検索結果に表示されているURLのページを、Yahoo!ブックマークのMyブックマークに登録している人数が表示しているようです。
自分のMyブックマークに登録している場合は、Yahoo! JAPAN IDでログイン時に、アイコンが表示されます。

最近色々やってんなー。
詳細はこちら
posted by yagoo at 18:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
BBS7.COM
MENURNDNEXT