Loading...

2007年06月11日

検索エンジンスパムの判定方法

SEO対策上、色々とタグの使い方であったり、キーワードを入れ込んだりしますよね。
ある日、突然自分のサイトが検索しても出てこなくなったらどうしますか?
そりゃ、恐怖でしょ。
で、検索にひっかからないとか中々インデックスされない時の調べ方。→詳細はこちら

1.Yahoo!の判定方法
まず、「Yahoo! Site Explorer」にアクセスして、調査したいサイトのURL(ドメイン名)を入力します。もし何も表示されないのであれば登録されていないということです。
Yahoo! Site Explorer

ただしYahoo!自身は決して、あなたのサイトがスパムを行ったから削除したのか、それ以外の原因(この原因はあなた自身によるものかも知れないし、Yahoo!側の技術的問題かも知れません)で削除されているかを教えてくれませんので、自分で原因を探す必要があります。筆者の過去の経験では、次のようなケースがありました。robots.txtやサーバーのログを確認してクローラの訪問確認からするといいでしょう。

当然ながら、スパムまがいの行為について身に覚えがあるなら、その箇所を修正することが先決です。

Yahoo!の検索で表示されなくたったときに、考えられる原因
検索ロボットへの命令を記述するrobots.txtの文法ミスでクローラを除外していた
サーバー会社がクローラのIPアドレスからのアクセスを禁止していた
Yahoo!クローラとパケットフィルタリングの相性問題
Yahoo!クローラのその他の技術的理由

2.Googleの判定方法
Googleにてスパムで削除されたか否かを判定することは比較的簡単です。「Googleウェブマスターツール」のサイトマップ管理画面を利用可能にしておきましょう。この管理画面にて次の情報を入手できます。
Googleウェブマスターツール

Yahoo!と異なりGoogleはスパムを実施しているサイト運営者にサイトマップの管理画面やメールアドレスで警告を通知してくれます。こうした案内が届き、Googleへの掲載を引き続き希望するなら早急に対応しましょう。削除されてしまった場合は問題の箇所をすべて修正した後に、再登録申請フォームにて「変更した内容」「経緯説明」「今後の対処方法」をGoogleに提出します。Googleにてサイトを確認後、問題がなければインデックスに再掲載されます。

Googleウェブマスターツールを使えば、スパムか否かを確認できる
スパム警告表示:何らかのスパムを行っているとGoogleが判定した場合、インデックス削除の警告が表示されます。指定期日以内に修正しない場合、Googleから削除されます。
インデックス削除表示:スパムが検出され、指定期日内にそれが修正されなかった場合にインデックスから削除した旨の案内が表示されます。同時に再登録申請フォームへのリンクが用意されます。


詳細はこちら
posted by yagoo at 21:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

ヤフーが新サイト!?

ヤフーが新サイトの運営を始めたようです。

その名も「ネタりか」!!
http://netallica.yahoo.co.jp/
ニュースサイトのようです。

内容はというと・・・

ヤフーが、芸能やアニメ関連のニュース、国内外のめずらしい出来事などエンターテインメント性の高い話題を集めた新しいニュースサイト「ネタりか」(ベータ版)を6月7日に公開した。

「ネタりか」では、芸能、追跡、ガジェット、アニメ、びっくり、コラムの6つのジャンル別にニュースが集められている。また、Yahoo!ニュースに掲載されているエンターテインメント関連のニュースの中から注目の記事を集め、「エンターテインメント トピックス」として表示している。そのほか、ニュースがもっと楽しくなる「お客様参加型機能」もある。


らしいです。これからもっと行動ターゲティングが進む中でヤフーも
グーグルに負けない対策を採っているようですね。

詳細はこちら

posted by yagoo at 17:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

行動を科学する!!

以前から行動ターゲティング広告の広まりが強調されてましたね。

さきがけとしてはgoogleパーソナライズ化による、アドワーズ
かな?

CCIとその子会社が新しい、行動ターゲティング広告始めたみたいですね。
中身はというとコンテンツ連動型広告と行動ターゲティング広告を組み合わせて提供する「ハイブリッドターゲティング広告サービス」。

詳細はこちら

広告サービスでは、ユーザーの閲覧しているコンテンツを文章レベルで解析し、ユーザーの行動履歴を分析した結果も組み合わせ、適切な広告を掲載するという。cciとクライテリアは「『コンテンツ意味感性理解』×『過去の行動履歴』×『ユーザーの志向性の変化』≒『ユーザーの意図』を独自のロジックでハイブリッドターゲティングし、欲しい人に、欲しい情報(広告)を届ける」としている。

グーグルにしてもITの世界で行動を科学する動きが強まっているみたいですが、この動きどうでしょう。。。。??

知らない情報はその人には入ってこない、、、
なんて世の中怖くないですか?


posted by yagoo at 12:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

キャメロンディアス効果!?

5月の携帯・PHS加入者数ソフトバンクが初の月間1位になったらしいですね。

おめでとう!孫 正義さん
おめでとう!キャメロン・ディアス

各社の結果は、NTTドコモが8万2,700人の純増、KDDIが13万8,500人の純増で、内訳はauが22万1,600万人の純増、ツーカーが8万3,100人の純減、ソフトバンクは16万2,400人の純増。3〜4月の春商戦と6月から始まる夏商戦のちょうど谷間となる5月の結果は、ドコモが2月の水準、auが純増数を大きく減少させた中、唯一4月の純増数を維持したソフトバンクに軍配が上がった。

↑てな感じらしいよ。でも何故、キャメロンディアス
よくわからないキャスティングのような気がしますが。

ちなみにあのCMでキャメロンは2億のギャラらしい。。。。

詳細はこちらで→ソフトバンク&キャメロン
posted by yagoo at 20:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

YST フルアップデート

ちょっと前の話ですが、YSTフルアップデートされましたね。
それに伴い、アルゴリズムの変更が極端に出てきました。

特にYSTの場合は現行の被リンクの重要性の落ち方がハンパじゃない
見たいです。

5月中盤からにかけて、単独ドメインからの複数リンクを読まなく
なってきたみたいですね。

これからは安直な外部リンクのみのSEO対策は効かなくなって
くるのかなー

ヤフースタッフブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/yjsearchblog
posted by yagoo at 20:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リアディゾン検索

最近人気のタレント「リア・ディゾン」!

このタレントの検索状況を調査をしてみた。

現状、日本で圧倒的なシェアを誇るYahoo Japan!での昨月の検索数は630,183回(※他のいくつかのポータル含む)この時点でもかなりすごいわけだが・・・

ちなみに海外のYahooでは881回
http://inventory.overture.com/d/searchinventory/suggestion/

google trendを使ってどの地域からの検索状況が多いかというとなぜか、東京の目黒が1位!?
2位以下は下記のような感じ。
1. Meguro, Japan
2. Shinjuku, Japan
3. Kanagawa, Japan
4. Sapporo, Japan
5. Chiyoda, Japan
6. Fukuoka, Japan
7. Tokyo, Japan
8. Osaka, Japan
9. Shibuya, Japan
10. Nagoya, Japan

目黒区民はリア・ディゾンファンが多い!?
詳細はこちら
posted by yagoo at 20:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

ネット広告はYahoo!、Google、MSN、AOLの4大ポータルに集中

米eMarketerは、米オンライン広告市場を分析した最新の調査レポート「Portal Marketing: The Big Four」を発表した。それによると、オンライン広告売上が4大ポータルサイトへ集中する傾向が強まっているという。

同レポートによれば、2005年の米オンライン広告市場規模は、125億ドルに達した。そして、そのうちの過半数の売上高は、Yahoo!、Google、MSN、AOLの米4大サイトが占めたという。また、同社では、この米4大サイトに広告が集中するという傾向は強まっているとも述べ、今年(2007年)の米オンライン広告の売り上げのうち、約7割を米4大サイトが占めることになるだろうと予測している。

2005年までは、米オンライン広告市場でトップシェアを占めていたYahoo!だが、今年のシェアはオンライン広告売上全体の18.7%に留まるとみられる。代わってトップを奪うのは、全体の32.1%を占めるGoogleで、Yahoo!とシェアを逆転した2006年以降、その差は広がっているという。

同社の上級アナリストであるDavid Hallerman氏は「マスマーケットへのアプローチでは、あらゆるユーザの心をとらえるのは難しいものの、(4大サイトが)インターネット上で基本的に欠かせない重要な存在となっていることを認めねばならない。ポータルサイトは決してクールなサイトではないかもしれないが、多くの必要を満たしてくれるサイトである」とコメントしている。

Yahoo!、Google、MSN、AOLは、いずれも1ヶ月あたりのユニークユーザ数が平均で1億人を超えているという。その確立されたブランド力で、今後も力強くオンライン広告市場を牽引していくとの結論が出されている。

posted by yagoo at 19:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PR の新常識

あなたの会社のプレスリリースは誰に向けて発信をしているのだろうか。プレスリリースなのだから、当然報道関係者に向けての発表である、と答える企業の広報担当者が大半だろう。しかし、米国ではその考えは「ニュースリリース」や「ソーシャル・メディア・プレス・リリース」という言葉により既に塗り替えられている。

すなわち、リリースの対象はプレスに絞ったものではない。企業の評判は、今や報道や巨大メディアのみならず、ソーシャルメディアと呼ばれる BlogSNSソーシャルブックマークなどの個人が利用する情報共有メディアからも非常に大きな影響を受けているのだ。

ところが、企業の Web サイトを見ていると、サービスや商品を紹介しているサービスサイト、その企業の売上を担っているコマースサイトは、SEO やユーザービリティなど Web マーケティングを強く意識した作りになっているにも関わらず、コーポレートサイト内のプレスリリースは PDF ファイルにリンクを張っているだけ、という作りになっていることも少なくない。ここでは、広報担当者が把握しておくべきネット PR 施策を3つほど挙げよう。

■リリース配信ネットワークの利用
News2u.net などのニュースリリース配信代行サービスを利用すると、自社のリリースを Excite ニュースや Infoseek ニュース、livedoor NEWS などの大手ネットメディアに掲載することができる。掲載がされれば、単純にリーチを広げられるだけでなく、掲載記事を見たユーザーがソーシャルメディアで取り上げるといった2次、3次的効果も期待できる。また、SEO 的にも価値の高い大手ポータルサイトから外部リンクを獲得できるため、検索エンジンでの上位表示、検索エンジンからの集客にもつながる。

■SMO(ソーシャルメディア最適化)
SMO とは、Social Media Optimization の略で、ソーシャルメディアから効率的にトラフィックを集めるための施策を意味する。ソーシャルメディアで取り上げてもらうためには、言うまでもなく有用なコンテンツを提供することが第1の施策であるが、よりソーシャルメディアとの親和性を高めるために以下のような技術的な対策をしておくとよいだろう。

1.ソーシャルブックマークアイコンの設置
ワンクリックでユーザーが利用するソーシャルブックマークへ追加することができる。

2.RSS リーダーリンクの設置
ワンクリックでユーザーが利用する RSS リーダーへフィードを追加することができる。

3.RSS auto discovery の対応
RSS リーダーを利用しているユーザーが簡単に購読手続きを行えるようになる。

4.静的 URL、パーマリンク
PDF だけでなく HTML のリリースを用意し URL をパーマリンクにすることで、外部からリンクされやすくなる。

■Blog PR との連携
ソーシャルメディアの影響力が強まったとは言え、リリースの表現を一般ユーザー向けにしてしまうと、新聞やビジネス雑誌などの報道記者は利用しづらいリリースとなってしまうし、広報にとっては企業の信頼性という面においても弊害となるだろう。かといって、硬い内容のリリースにしてしまうとソーシャルメディアで取り上げられにくい。

このようなジレンマに陥った場合は、企業 Blog を利用すればよい。企業Blog を運営しているが、例えば同じ調査レポートのリリースでも、コーポレートサイトは報道向けを意識し、弊社 Blog はソーシャルメディアを意識するというスタンスで発信をしてみると、はてなブックマークなどのソーシャルメディアからのリンクの多くは 弊社 Blog に集まるという構図が出来上がる。新商品のリリースであれば、Blog から商品ページへリンクを張ることも忘れずに対応しよう。

このように、企業からの情報発信や評判管理は、対報道記者のみならず、ソーシャルメディアも視野に入れるべき時代に突入している。コミュニケーション、リレーションを取る相手を意識し、あなたの会社のネット PR についても見直してみてはどうだろうか。
posted by yagoo at 19:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

モバイルに便利!?

クリスマスのプレゼントにいかがですか?本格ヘッドセットでゲームや音楽、インターネットホンを楽しもう。ただいまPC120が当たるヘッドセット特集を開催中。今すぐヘッドセットのラインナップを見たい方はこちら
posted by yagoo at 18:05| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月21日

三井物産、ネットのバナー広告で新会社・米社と共同

三井物産は年内に米社と共同でインターネット広告の新会社を設立する。バナー広告を最も広告効果が高いサイトに自動配信する。インターネット広告市場でバナー形式は半分近くを占めるとされるが、三井物産はこれまで手薄だった。新会社設立で事業拡大を狙う。

 新会社「アドバタイジングドットコム・ジャパン」を、米アドバタイジングドットコム(メリーランド州)と折半出資で設立する。サイト運営者から買った広告枠に、広告主から受託した広告を配信して収入を得る。各サイトごとに最も効果のあるバナーの表示法や広告内容を自動的に分析し、分析結果に合わせて広告を配信・表示する。 (07:00)
posted by yagoo at 18:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

METAタグについて教えて下さい

ホームページのMETA情報のところに、
通常のページのtitleとは別に、
SEO対策上効果的なのでしょうか?

上記のページ内のソースには、
の内容については、HTML、XHTMLで定義されているわけではなく、
ブラウザ(や、検索エンジン)が使用している項目に合わせて、制作者が挿入するという物です。
W3Cでは「例」として著作権表記、更新日、検索用キーワードに使用出来ます、としてます。
(Generatorは比較的有名と思いますが、たぶん、一種の宣伝ですね(^^;)

pagetitleは一部のブラウザ用か、特定の検索エンジン(登録サイト)に対する物か、
または、制作者がページを管理するために使用している物と思います。

> また、通常のtitleとは別に、記述をした方がSEO対策上効果的なのでしょうか?
pagetitleをサポートしている検索エンジンには効果的ですが、
googleやyahooなどではこの名前は使用していないと思いますので、大きな効果は期待出来ないと思います
タグ:meta seo robot
posted by yagoo at 18:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

グーグル、ヤフー、MSが提携--ウェブインデックス作成機能を共通化へ

検索エンジンの分野でライバル同士のGoogleYahooMicrosoftが米国時間11月16日、提携を発表した。各社は、ウェブサイト所有者に対し、みずからのサイトがウェブインデックスに確実に含まれるようにする仕組みを提供する意向だ。

 3社は2005年6月から提供されているGoogleの「Google Sitemaps」プロトコルを採用する予定だ。これを利用するとウェブサイト所有者は、自分のウェブページをGoogleに手動でフィードしたり、自分のサイトがクロールされたかどうかを確認したりすることができる。ウェブサイト所有者はこれまで、他の大手検索エンジンに対しても個別に同様のプロセスを踏む必要があった。

 しかし、今後ウェブサイト所有者は、一箇所にアクセスするだけで、一括して複数の検索エンジンにウェブページの情報を送ることができるようになるとYahoo Searchの製品管理ディレクターを務めるTim Mayer氏は述べる。同氏によればこのような機能はかなり以前から望まれていたという。

 「Google、Yahoo、Microsoftは本日、「Sitemaps 0.90」のサポートを発表した。これは検索エンジンのウェブ巡回プロセスを向上させるための、初めてのオープンな取り組みである。ウェブサイトの所有者は自分のウェブサイトに関する情報を検索エンジンに通知し、これまでより包括的かつ効率的にインデックスに情報を無料登録できる。その結果、検索インデックスへの登録内容もより適切なものになっていく。一方、利用者には、品質がより高くて、より新しい検索結果を提供できるようになる」と共同のプレスリリースには書かれている。

 この取り組みは当初、GoogleとYahooにより開始された。Mayer氏は「ウェブ発行者やウェブマスターにとって、コンテンツの情報を1つのフォーマットで異なる検索エンジン全てに登録できるようになれば素晴らしいと思った」と言う。「われわれは共同でフォーマットを提案し、他の検索エンジンも採用するように呼びかけるつもりだ」

 手動によるウェブページの登録プロセスは、従来のウェブクローリングを補完するもので、登録されたウェブページが必ず検索エンジンのインデックスに含まれることを保証するものではない。

 MicrosoftのWindows Live Searchのゼネラルマネージャーを務めるKen Moss氏は「Windows Live Searchは、GoogleやYahooとともに、Sitemapsの取り組みに参加できるのを嬉しく思う。これは、ウェブマスターを助けるだけではない。消費者に適切な検索結果を提供できるようになれば、彼らはこれまでより迅速に欲しい情報を見つけ出せるようになる」と言う。「今回の発表をきっかけに、われわれは業界内の数多くの取り組みに参加し、協力していくことになるだろう」(Moss氏)
posted by yagoo at 12:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

20歳代 Web 利用者の割合が激減、インターネットが全世代で一般化!!

20歳代インターネットユーザーの構成比が過去6年間で激減しているようだ。ネットレイティングス株式会社が7日に発表した「データクロニクル2006・ファクトシート」によると、20歳代の構成比は2001年まで20%を超えていたが、現在では約12%に減少しているという。


Web 利用者全体の年齢構成比の推移
*クリックして拡大

一方で40歳代以上の中高年齢層の比率が高まっており、特に60歳以上の比率は約2倍となっている。M3(男性50歳以上)、F3 (女性50歳以上)と呼ばれる高齢層では、オンライントレーディングサイトやNHK、新聞社などのメディアサイトの利用率が高い。

同社代表取締役社長兼チーフアナリストの萩原雅之氏は、「20歳代の比率が減少しているのは、Web 利用が全世代にわたり一般化したことによるものだが、携帯電話端末の機能やサービスが劇的に向上し、EC や SNS などの携帯電話による利用増も要因と考えられる」と述べる。

Web 利用者の男女比率をみると、2000年までは男性比率が6割を超えていたが(男性62.7%、女性37.4%)、その後徐々に差が縮まり、2006年3月時点では男性55.5%、女性45.5%となっている。
posted by yagoo at 19:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インターネットの敵

国境なき記者団、“インターネットの敵”を発表
ブロガーの弾圧やオンライン検閲を行っている「インターネットの敵」の最新リストが公表された。
2006年11月08日 14時41分 更新
 国境なき記者団は11月7日、インターネット検閲に反対する「24 hours against Internet censorship」キャンペーンを立ち上げ、インターネットを検閲、遮断している「インターネットの敵」13カ国のリストを発表した。

 このキャンペーンの敵と認定されたのは、ベラルーシ、ミャンマー、中国、キューバ、エジプト、イラン、北朝鮮、サウジアラビア、シリア、チュニジア、トルクメニスタン、ウズベキスタン、ベトナムの13カ国。

 いずれの国も、政府が反体制派のサイトへのアクセスを遮断したり、インターネットカフェを監視したり、ブロガーを投獄するなどの取り締まりや弾圧を行っている。

 例えばミャンマーのインターネットカフェのコンピュータは、ユーザーの行動を監視するために自動的に5分おきに画面をキャプチャするという。また今年新たにリストに加えられたエジプトでは、民主改革を唱えたブロガー3人が投獄された。チュニジアは昨年の世界情報社会サミットの開催地でありながら、インターネットカフェはすべて国家統制下にある。

 さらに国境なき記者団は、中国は依然としてインターネットフィルタリングにおいて世界最先端であるとし、また北朝鮮は引き続き世界最悪のインターネットブラックホールで、数人の政府関係者しかWebにアクセスできないとも述べている。

 今回の最新リストからは、ネパール、モルジブ、リビアの3カ国が外された。同団体は、リビアではもうインターネットの検閲やサイバー活動家の拘束が行われていないことを確認したとしているが、ムアマル・カダフィ大統領は依然として報道の自由の弾圧者だとしている。モルジブも同様に、2月以来サイバー活動家の投獄はないが、マウムーン・アブドゥル・ガユーム大統領は今なお弾圧者だとされている。ネパールはギャネンドラ王が退位し、5月に民主的統治が復活して以来、表現の自由が大きく改善し、インターネットの検閲やブロガーの拘束はなくなったという。

 国境なき記者団はこのキャンペーンに合わせて、ブログプラットフォームrsfblogを立ち上げたり、世界のインターネットブラックホールの地図を描いた移動看板を掲示するなどの活動を行う。

posted by yagoo at 19:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

Microsoft のオンラインサービス

NEWMicrosoft のオンラインサービス、広告表示試験を開始 NEW


Microsoft (NASDAQ:MSFT) は15日、『Microsoft Office Live』『Windows Live Mail』『MSN Spaces』への広告表示を、試験的に開始した。広告市場で GoogleNASDAQ:GOOG) に対抗する足場固めとなりそうな動きだ。

広告の試験表示について Microsoft は、「Web ホスティング」「Eメール」「Web サービス」など、無料ないし低価格の多様なオンラインサービスを消費者に提供するための収入確保に役立つ、と述べている。

同社は、オーストラリアおよびイタリアの MSN Spaces に広告表示を行なうという。そして、Eメール サービス Windows Live Mail については、オーストラリア/ブラジル/カナダ/中国/フランス/ドイツ/イタリア/スペイン/イギリス/米国の9か国で、広告表示をテストする。Windows Live Mail は、さまざまな個人向けインターネットサービスとソフトウェアを Web アプリケーションとして提供する『Windows Live』の一部だ。

Windows Live Mail は、ライバル Google の『Gmail』と同様、Ajax (非同期/JavaScript/XML の合成語) を使って構築した Eメールサービスで、消費者は無料で利用できる。ただし、広告主は広告料を払わねばならない。したがって、広告主はまもなく、どちらか一方を選択せざるをえないだろう。

Microsoft Office Live への広告掲載は、米国でテスト中だ。Microsoft の広報担当 Karen Redetzki 氏によると、この広告枠は販売開始とともに売り切れたという。

広告枠の人気について、「まるでロックコンサートのチケットの取り合いのようだった」と Redetzki 氏は述べた。

この広告枠を獲得した企業には、Coca-Cola Brazil、JCPenney、Monster Worldwide などが名を連ねている。

Microsoft Office Live は、Microsoft が市場で圧倒的優位を誇る生産性ソフトウェアおよびその他の機能性を、中小企業向けに Web アプリケーションとして提供するサービスだ。従業員が10名未満と少なく IT 専任スタッフを置く余裕のない中小企業で、IT スタッフを雇わずにすむよう、各種オンラインサービスを提供している。1か月前にベータ版を開始したばかりだ。


広告売上獲得に向けた試験的移行は、Microsoft にとってさほど重要な意味を持つように見えない。しかし、同社のこうした動きは、IT 業界全体に震動を与えている。なぜなら、Microsoft が検索最大手の Google と直接対決することを意味するからだ。

Redetzki 氏は、Microsoft がついに Google と同じリングで戦おうとしていることを認め、次のように述べた。

「わが社は、Google を含めて、強敵が存在することを承知している。しかし同時に、わが社には、他社と差異化できる要因があることも知っている。わが社関連 Web サイトがすでに獲得ずみのオーディエンスが存在し、今後誘導できるオーディエンスも存在する。したがって、わが社は (Web 上) 最大の広告オーディエンスならびに最高のサービスを提供できると確信している」

>>がんばれMSNexclamation×2と言っても、MSNの検索方式やエンジンのアルゴリズムの精度が低いんじゃないのexclamation&questionと思っているのは僕だけでしょうかたらーっ(汗)
でも、結局日本ではYahooなんだろ〜なと思わざるを得ないんですよねどんっ(衝撃)
posted by yagoo at 15:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

Google不正クリック!!

Google、「不正クリック」集団訴訟を9000万ドルで和解へ

Google は、不正クリック被害企業からの集団訴訟について間もなく9000万ドルで和解すると、同社の弁護士が発表した。 この集団訴訟は、消費者以外の者による不正クリックに対しても Google が広告主に広告料金を請求しているのは不当だとして訴えられていたものだ。和解条件は原告から合意を得ている。不正クリック被害というのは、料金システムとしてペイパークリック (PPC) 方式を用いる広告を行なった際、実質性のないクリックにより、過剰な広告料金が発生することを指す。

問題の訴訟は昨年2月、贈答品販売の Lane’s Gifts and Collectibles と私立探偵会社の Caulfield Investigations が原告代表となり、アーカンソー州の裁判所に提訴したものだった。被告側には Google、Yahoo!、Lycos、AskJeeves (現 Ask.com)、FindWhat.com (その後 MIVA に改称)、Buena Vista Internet Group、LookSmart、America Online (AOL)、Netscape、Time Warner が名を連ねている。

Lane は訴状の中で、Google をはじめ被告企業が PPC 方式の広告について、不正クリックにも課金しているのは不当だと訴えた。

これに対し、Google は現在、広告主が不正と確信するクリックについて返金を請求できるようにしていると、同社の法律顧問 Nicole Wong 氏は Blog で述べている。

>>無駄なくクリックは避けられないのか!?PPCでいつも話題に上がるのは無駄なクリックexclamation×2でも、従来インターネット上の広告って何回も見せること、そしてユーザーへの認知とそこから購買意識を向上させるウェブサイトの見せ方が問題。
一概に無駄にクリックされていると言われるクリック数のうちの全てが本当に無駄なのか
広告主が認識しなおすべきじゃないのかな〜たらーっ(汗)
いつも、広告主は費用対効果を考えるけど、しっかりリサーチかけてないのに、ウンチク語る人も多いような・・・バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

posted by yagoo at 00:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

amazonはどこへ行く!?

Amazon.com、衣料品小売の Shopbop.com を買収

Amazon.com(NASDAQ:AMZN) は2月27日、衣料品小売業者 Shopbop.com を買収したと発表した。

この予想外の買収について一部アナリストは、世界制覇を目指す Amazon の全体的な枠組みにどう収まるのかと首をかしげているが、その一方、適切な時期に適切な動きをしたとの見方もある。

Amazon はこの10年で、書籍販売業者から巨大なオンライン ショッピングモールへと変貌を遂げ、今では化粧品から電化製品まで、あらゆる商品を取り扱っている。だが、こと衣料品に関しては、外部の小売業者が Amazon.com サイト上に場所を借りて店開きする形態をとり、今回の発表までそれに不満を感じている様子は見られなかった。しかし、Shopbop.com を得たことで、Amazon は自前の衣料品小売サイトを持つことになる。


Amazon は、やはり独自運営の映画データベース会社 Internet Movie Database を所有しているが、同データベースの情報は Amazon の検索サイト A9 に検索結果を提供し、Amazon.com サイトの DVD 売上に貢献している。それに対して Shopbop.com は、『True Religion』『Juicy Couture』『Diesel』『7 for All Mankind』『Marc Jacobs』といった流行のデザイナーズブランドを強力に取り揃えているとはいえ、見たところ Amazon の既存事業に何の付加価値ももたらさないように思える。

>>アマゾンの超強力なDBは有名ですが、この先検索エンジン上のECに関してアマゾンに
  取って代われるサイトは現れるんでしょうか!?
>>アマゾンで働きたいかもsoon
posted by yagoo at 22:15| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

SNS激戦!!

ヤフー、日本でも「Yahoo! 360°」を開始してSNSに本格参入2006/02/28 21:50



 ヤフーは2月28日、ブログソーシャルネットワーキングサービス(SNS)を組み合わせた新コミュニケーションサービス「Yahoo! 360°」(ベータ版)を開始した。米Yahoo!では、すでに2005年3月29日から開始されているベータサービスだ。

 サービスの特徴としては、Yahoo! 360°にログインしている人だけが見られる日記が書けるほか、メールアドレスを公開せずに送受信できるメッセージ、コミュニティ(今春開始予定)への参加などが利用できる。Yahoo! JAPAN IDを持っていれば無料で使えるが、現在はすでにYahoo! 360°に参加している人から招待されないと使えない。ただし、5月中旬からはYahoo! BB会員またはYahoo!プレミアム会員ならば、招待されなくても利用登録が可能だ。

 このサービスでは、自分のリストに招待して追加(追加を承認)した参加者を「友だち」と呼ぶ。友だちリストでは、友だちの写真やYahoo!メッセンジャーのオンライン状況などを一覧できる。また、プロフィール欄には写真を最大4枚まで表示可能だ。JPEG形式のファイルのみで、ファイルの容量は最大3MBまでとなっている。さらに、日記は1日に何度も書ける。

 このほか、メールソフトなどを必要としないで、参加者同士でメッセージ(簡易メール)を交換できる。送り先を友だちリストから指定したり、友だちの範囲を選択したりして一括送信が可能だが、送信できる文字数は全角1000文字までとなっている。そして、送信された日から120日を越えると自動的に削除される。

 Yahoo! 360°では自分の日記やプロフィールなどを、見せたい相手だけが見えるように設定できる。たとえば、「プロフィールの自己紹介は友だちの友だちまで、学校名は同級生にだけ表示したい」、「日記は誰でも見られるが、コメントを付けられるのは友だちだけ」など、細かく設定可能だ。また、自分のページを訪問した人の名前と訪問日時を記録する「足あと」機能もある。足あとは最大40件まで表示される。
     ↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ヤフーまでSNSに参画してきましたね〜。まだ使ってないですが、個人的には
mixiに頑張ってもらいたいです〜

やっぱり、日本のネット産業の全てをyahooに牛耳られるのはどうかと思うのは、僕だけでしょうか。
posted by yagoo at 18:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

すげ〜

車の中からの景色が見える 〜 マイクロソフト「Virtual Earth Street-Side Drive by」を公開
米Microsoftは2006年2月28日、ローカル検索「Windows Live Local」に、車の中から見た町の景色を閲覧できる「Street-Side Drive by」のプレビュー版を公開した。

米Microsoftは2006年2月28日、ローカル検索「Windows Live Local」に、車の中から見た町の景色を閲覧できる「Street-Side Drive by」のプレビュー版を公開した。


Windows Live LocalはMSNのローカル検索で、地図検索Virtual Earthやイエローページ、ナビなどの機能を統合して昨年12月に公開されたサービス。航空写真や斜め45度からの地図を参照できる。新機能のStreet-Side Drive byは車の中からの視点で街の景色を閲覧することができる。方向は360度自由に変更でき、表示は街の景色を地図上にフラットに表示するStreetモードと、地図/航空写真と組み合わせたRoad / Hybridモードで切り替えられる。

Virtual Earth開発チームによると現在は米サンフランシスコとシアトルしかサポートしていないが、今夏にかけて順次都市を増やしていくという。


Virtual Earth Street-Side Drive by
http://preview.local.live.com/


posted by yagoo at 21:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

映画が〜

米MSN Searchは2006年2月27日、検索結果に直接情報を表示するインスタントアンサーの新機能として映画上映情報を追加した。「eight below」や「curious george」などの映画や「landmark metro cinemas seattle」、「amc fenway 13 boston」などの映画館をキーワードに検索すると画面最上部に映画情報が表示される。

MSN Movies
http://movies.msn.com/


cf.
Movie Showtimes [MSN Search's WebLog]
http://blogs.msdn.com/msnsearch/archive/2006/02/27/539969.aspx
     ↑↑↑↑↑↑↑
便利な世の中ですな〜。既存のメディアが検索エンジンに取って代わられ、必要とされなく
来る日も来てしまうんじゃないでしょうか〜!?
posted by yagoo at 22:41| Comment(1) | TrackBack(1) | WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
BBS7.COM
MENURNDNEXT